遅ればせながら8月15日を想う・・・


  藤井 一 中尉

 随分と更新せずにいきなり何だ!? とお叱りを受けそうですが・・


日々の仕事は、それぞれ多くの皆さんもご苦労が多いことでしょう。

しかし、小生は現在 涼しい部屋で冷えたビールが飲める幸せを・・・

 藤井中尉の生き様をどのように感じるかは、人それぞれであります。

 が、 小生は、多くの先人たちや英霊の皆様の御陰と感謝に堪えません。

遅ればせながら、8月15日を想う・・・ 夜更けです。

        おやすみなさい

 


久方振りに集客UP塾

  昨日は、3箇月振りに土屋先生が主宰する塾に行ってきました。

ここのところ忙しく参加もままならなかったのですが、久しぶりに懐かしい仲間と出会え夜の耽るまで

痛飲したのであります。

 さて、今回の勉強は弱冠41歳にして全て異なった業態の居酒屋を運営しておられる松井社長

率いる豆屋グループの一つである、豆屋別邸・福福さんにて松井さんのご苦労話や、現況及び

この先のビジョンといった非常に参考になるお話を伺いました。

その後は、お決まりの其のお店の看板料理に舌鼓を打ちながら、お互いに意見交換しながら切磋琢

磨する会なのであります。

 豆屋別邸・福福さんのお料理は、味噌味の鶏すきであります。



 いい具合に、煮えてきました。



 おいしゅうございました・・・。

花桃の木

  大変、長い間ご無沙汰で申し訳ありませんでした。<(_ _)> 

デジカメもようやく、修理から戻りました。

そこで、撮ったのがコレです。



 “花桃” の木です。

−桃の園芸品種。庭木・切花用として裁植される落葉低木。花弁は八重咲、濃紅色又は

純白。果実は小形。 広辞苑−





 此の木は、亡父が役員を努めていたゴルフ場から苗木を譲ってもらい、丹精に育てていたモノ

であります。 こうして、桜の開花から若干遅れて今年も満開を迎えようとしています。

今では、母がこの時期を楽しみに育てているのであります。

 こうして、さくらんぼの木と花桃の木に生まれ変わって僕らを見守ってくれているんだなぁ・・・

PS.   今年も多くのさくらんぼが成りそうです。(#^.^#)

さくらんぼの木

 
 

 今年も、我が家の庭のさくらんぼの木が今や、満開・見頃となっております。

ご記憶の方もお有りかと思いますが、亡き父が大切に育てていた木でありこの後、多くの

さくらんぼ” の実を生らせます。

 父の言葉を借りれば、多くの実が生ると言う事は、今年一年の家内安全と家門繁栄に繋がる・・

との教えなので、この後の さくらんぼ 次第なのであります。

昨年来、慌ただしい月日を過ごして来たのでいささか心配なのですが、今年も沢山の実が生る事を

祈っています。 只、実がなったは生ったで弊害も生じます。 それは、又次の機会に・・・



 美しい、花を愛でて、明日の元気の素になれば幸いです。

卒業、前夜・・

  久しぶりの更新で恐縮です。

明日は、我、愛娘の卒業式にて、彼女から言えば祖母であり小生から言えば母が、何かお祝い事

あれば創ってくれる、チラシ寿司とお稲荷さんを揃って頂きました。



 久方振りに食する、お袋の味であります。

特に、我が家の娘も息子も婆ちゃんの昔ながらの自家製寿司がお気に入りで、婆さんも作りがいが

あるってなモンです。



 しかしながら、こうやって祖母が孫を慈しみ又、祖母に感謝すると言う、日本人として当たり前の

心が最近、薄れて来ているよな気がするのは小生だけでは無いと思っています。

 ああ、何だかなぁ・・であります。

ともあれ、明日はお天気になりますように・・・

日々是、丹精!

  現在、中京競馬場はプレオープンとして2月の土日より、パークウィンズとして営業しています。

そこで、小生の念願であったらーめん “辰巳屋” も開店しています。

そのうちのこだわりの一つである自家製叉焼を毎週、仕込んでいます。



 流石は、アメリカ製のジェットホーンなるアナログ的な機器に網目になった包材を取り付けて

トコロテン式に押し出せば、このようにネットが被った状態で出てきます。

 流石に、アメリカ人の考えることは合理的であります。



 その後、ボイルする事1時間30分このように芯まで火が通った状態になります。



 数本に小分けしながら、秘伝のタレに約、40分程煮込みます。

豚肩ロースといえども、カットの仕方によって、1本の大きさ、重さも偏っていますので煮込み

時間には気を使うのであります。 (ヤんなるくらい、時間が掛かります・・(´・ω・`)

 そして、出来上がった自家製叉焼がこの通りであります。



 粗熱をとった後に、スライスする訳ですがそれは又、今度と云う事で・・・(^.^)


東京へ行って来ました・・2

  銀座ライオンの続きです。



 白穂乃香で御座います。

先ず、滅多なことではお目にかかれない代物であります。

流石は、銀座ライオンです。

 口当たりは、非常に滑らかで芳醇な香りときめ細やかな泡がクリーミーで上品なお味で御座います

其の為か、小生のカミさん、お袋共々、喉越しがイイわなどと宣って飲み干してしまった次第です。

エビスとは、また違ったプレミアムビールでアサヒで言うところの “富士”と云ったところでしょうか



 お次は、エーデルピルスであります。

これは、二倍のホップを効かせたとあるように、ホロ苦く香草の香りがきつく感じました。

流石にドイツのビールだと感じさせていただけます。



 ビールのアテも数多く取り揃えてあり、今日の逸品のマグロのカルパッチョであります。

キレのイイドレッシングで美味しく頂きました。



 オージービーフフェア、だそうでフィレの一口ステーキも一気に頂きました。



 店内の大きなディスプレイに映し出された映像がコチラです。

創業以来、今年が101年目だそうです。\(◎o◎)/

たかだか、創業60年のウチは足元にも及びません。(´・ω・`)・・・

 時代の最先端を行く、東京・・しかし、歴史ある建造物やお店が数多く或ことも事実です。

やっぱり、東京って住むところでは無い様な気がしますが刺激を受ける街です。

 我、日本の首都・東京に\(^^@)/

東京へ行って来ました・・1

  昨年に引き続き、東京ビッグサイトで行われたレストラン厨房機器展2012へ行って来ました。

毎年、行われる展覧会ですが後学の為に行った次第であります。

気になる機器のチェックを済ませ、とは言って規模が違うので開場から5時間後の事でした。

 その後は、花の銀座へと移動し小生は、銀座ライオンへと向かいました。



 その規模、260席を擁する一大パブの様相であります。



 その昔から、お付き合いもあってサッポロファンとしては此処に来ることはmustなのであります。



 ご覧の通りのメニューは、全てサッポロ商品と言う、お見事な商品ラインナップで御座います。



 まっ先にご注文したのは、ご存知サッポロ黒ラベル・生ビールであります。

教科書通りの見事なまでのビールと泡の対比です。

 又、パンフレットでしか知らなかったビールも此処には常備してあり、順にご注文した次第で

あります。

 この続きは、また明日^^

有難い盟友からの贈り物゚(゚´Д`゚)゚

  ご無沙汰しております。

2月4・5日の中京競馬場プレオープンに向けて連日、早朝より準備に追われております。

 天下のゼネコン・K島建設が請け負ったとは思えない程に、不具合が生じています。

価格競争の副産物と言うんでしょうか!?

しかし、どう百歩譲っても有り得ない状況に困惑しているのが現状です。

 そんな今日、盟友である逢扇のご夫婦が陣中見舞いにと頂いたのがコレです。



 流石、鰻屋さんらしくうなぎラベルの芋焼酎をプレゼントして頂きました。

全く、遠くの親戚より近くの他人とは良く云ったモノで、お心遣い痛み入りやの鬼子母神ってか!

酒好きな小生を想ってのこの上ない贈り物であります。

 明日のない今日はありません。

ファイト〜・・・イッパーツ、、、芋焼酎!!  な、訳ないか

名古屋市緑区の本格手作り洋食の店 
“カフェ&キッチン タツミ”
名古屋市緑区鳴海町字宿地30-1
Tel 052-623-0845

DeAGOSTINI・・・BLUENOTE

  先日発売された、アノ ♬ディアゴスティーニ・・・お求めは書店で・・でお馴染みの



 が、発売されました。 初回、創刊号490円という正にお値打ち価格です。

でも此の商法、次回から倍近くになるんですけどネ・・

 ともあれ、小生が無垢な高校生の頃に出会った衝撃的なジャズの巨匠達がが録音したレーベル、

BLUENOTE から、コレクションが発売になったのです。

それも、創刊は "MILESDAVIS" 大先生の巻であります。

 時代がレコード盤から(古るっ)CDへと移った時に多くのJazz盤を断腸の想いで処分しました。

あれから、十数年・・・眠っていた獅子が甦ります。

 今もIt Never Entered My Mind を聴いています。

何だか最近、ノスタルジーに浸るようになってまいりました。(´;ω;`)

 名古屋市緑区の本格手作り洋食の店 
“カフェ&キッチン タツミ”
名古屋市緑区鳴海町字宿地30-1
Tel 052-623-0845

| 1/8PAGES | >>

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

モバイル

qrcode