煙草について考える・・・のこころダ!?

  と、のっけから小沢昭一的に書きました。

今では、皆さん良くご承知の通り愛煙家にとっては非常に厳しい環境となっています。し、小生の友人の多くも禁煙を余儀なくされた連中が多くいます。

 1492年、当時世界の中心であったヨーロッパ文化が煙草に初めて出会ったのがこの年。
クリストファー・コロンブスがアメリカ大陸に上陸した時の事を『タバコと砂糖に関する論争』の作者
フィルディナンド・ホルテスはこう言っています。

煙草はインディアンにとって無くてはならない物でカポックの木に蔓が巻き付くのと同じように生まれてから死ぬまで、煙草の煙の渦の中で過ごす。
彼らにとっては、神話・宗教・呪術・医学・祭祀・政治・戦争・農業・漁業・憩い等、公私にわたる風俗全てを形作る物であった・・・と。

そう、煙草は医療にも使われていたのであります。

 一つ、有名な話があります。

キューバの著名な地質学者、アントニオ・ニュネス・ヒメネスがこんな記録を残していたそうであります。

 1881年10月25日、スペインのマラガにある小さな家に男の子が生まれました。が、残念な事に産婆はすぐに死産を宣告し、出産に立ち会った人々は悲しみに暮れていた。
 その中にサルバドル・リッツという内科医がおり、彼は大胆にもその赤ん坊の蘇生を試み始めた。
彼はなんと驚いたことに、皆が諦め落胆しているその時に煙草をふかして、そのあ赤ん坊の鼻へ向けて煙を吹きつけたのであります。

繰り返すこと数分、その赤ん坊は何と身体を動かし始めた。
つまり蘇生したのであります。

その赤ん坊こそが、後世に偉大な芸術家と言われる
パブロ・ピカソだったのであります。

誤解を恐れずに言えば、愛煙家の小生としては決して煙草をお薦めする気は毛頭ありませんし、ましてや、JTは一円もくれませんがこのようにネイティブアメリカンの脈々と受け継がれてきた歴史や慣習や、国営事業をおいそれと一刀両断的な風潮は如何なものかと思うわけであります。

 百害あって一利なしとは、良く言われますが煙草を吸いすぎて交通事故で人を死なせたなんて事は聞いた事がないのです。 (でもアンタは、両方ヤっとるがね・・・)



 綺麗なパッケージについ、釣られ買ってしまった新製品であります。
(アンタみたいな人の御陰でJTは持っているのです)

何だ噛んだ云って・・・愛煙家の皆さん、喫煙マナーを守りませう!

名古屋市緑区の本格手作り洋食の店 
“カフェ&キッチン タツミ”
名古屋市緑区鳴海町字宿地30-1
Tel 052-623-0845



















 

コメント
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

モバイル

qrcode