先人の教え<(_ _)> 

  先回UPした、土光敏夫氏の言葉に続いての先人の教えであります。

人から信頼される、信用を得るのは簡単では無いということは皆さん、ご承知の通りであります。

 だからこそ、周りの友人やら知人、上司に信用される、お客様に信頼される、取引先や金融機関に

信頼される、そういった人間になるために皆、頑張っています。

少なくとも、信用を損なわないように気を付けています。

しかし、本当に難しいのはある程度、信用を得られるようになってからなのです。

 というのは、自分を信用してくれている人々が、逆に自分を甘やかして下さるようになるのです。

『そんなに、急いでいないから』 とか 『忙しいんだから無理しなくていいよ』

こんな優しい言葉を言ってくださいます。

しかし、それに甘えていると、せっかく少しずつ貯めて来た信用をどんどん、使って行くことになるの

です。

それに信用というのは、お金のように又、稼いで貯めて行くというものではありません。

 これらを戒めて、2009年12月23日に逝去されたコクヨの名誉会長、故黒田打圭氏はこう云っ

たそうです。

『信用は世間から貰った切符や、十枚あっても一枚使えば九枚になり、また一枚使えば八枚、といっ

た具合に減ってしまう』

金は使えば減って行くのは当たり前ですが、信用は目に見えないだけに減っていく事がわからない。

蓋し名言であります。

 そして、こう続けたそうです。

『信用は使ってはならない、使わなければどんどん増えていく』 と・・・

 当たり前に思っている事が、その実、中々続かない という戒めです。

何だか最近、こういうのに極めて感動するようになってまいりました。 (* ̄□ ̄*;


名古屋市緑区の本格手作り洋食の店 
“カフェ&キッチン タツミ”
名古屋市緑区鳴海町字宿地30-1
Tel 052-623-0845










コメント
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

最近の記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

モバイル

qrcode