日々是、丹精!

  現在、中京競馬場はプレオープンとして2月の土日より、パークウィンズとして営業しています。

そこで、小生の念願であったらーめん “辰巳屋” も開店しています。

そのうちのこだわりの一つである自家製叉焼を毎週、仕込んでいます。



 流石は、アメリカ製のジェットホーンなるアナログ的な機器に網目になった包材を取り付けて

トコロテン式に押し出せば、このようにネットが被った状態で出てきます。

 流石に、アメリカ人の考えることは合理的であります。



 その後、ボイルする事1時間30分このように芯まで火が通った状態になります。



 数本に小分けしながら、秘伝のタレに約、40分程煮込みます。

豚肩ロースといえども、カットの仕方によって、1本の大きさ、重さも偏っていますので煮込み

時間には気を使うのであります。 (ヤんなるくらい、時間が掛かります・・(´・ω・`)

 そして、出来上がった自家製叉焼がこの通りであります。



 粗熱をとった後に、スライスする訳ですがそれは又、今度と云う事で・・・(^.^)


コメント
コメントする








   

プロフィール

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

search this site.

モバイル

qrcode